JazzPianist Junsuke Hozumi 〜JAZZピアニスト穂積純典オフィシャルウェブサイト
プロフィールエピソードライブスケジュールギャラリーお問い合わせブログリンク集
Junsuke Hozumi Jazz Pianist Junsuke Hozumi ジャズピアニスト穂積純典 ほづみ歯科のページへ

1952年 3月10日 大阪府八尾市生まれ

4才からヴァイオリンのレッスンをもちろん自発的でなく親の勧めで始めた。発表会で「ユーモレスク」等を弾いていたが 、どうも教室の雰囲気に馴染めず、また先生ともうまが合わなくてあまり積極的ではなかった。小学校4年生くらいまでは習っていたが、 レッスンに行くのをサボって、ヴァイオリンケースを放り出し、近くの空き地で野球をしていた。そのころ何故か家にアップライトの ピアノがきて我流で弾き始め、興味がでてきたので自らすすんでレッスンも受け始めた。 5才上の兄の影響でこの頃からクラッシック以外にも、プレスリー、レイ・チャールス、グレン・ミラーオーケーストラ等も 聴くようになっていた。

中学入学後はブラスバンドクラブで打楽器、ユーフォニューム、トランペットを担当し、中三の時には部長になり指揮も経験した。 バンドを初めて結成したのもその頃で、クラスメートの男子と女子と3人でフォークソングの「PPM」をコピーしたり、エレキギターに 触れたりもしていた。

高校時代はご多分にもれず、様々な種類のフォーク、ロック、に興味を持ち、バンドでギターやドラムを担当していた。 高二の頃ジャズに関心は移り、友人とピアノトリオを結成して文化祭などで発表していた。 そしてジャズピアノの師である故「武村信吾」に出会い教えを請うようになった。

名古屋の愛知学院大学歯学部に入学後、信貴勲次(tp)のグループに加わり名古屋のライブハウスで活動し始め、 和田直(g)、森剣治(sax)、井口純夫(tp)等とセッションを重ねていた。同時に京都の「52番街」や大阪の 「デューク」等で関西のミュージシャンとも演奏活動をしていた。大学卒業後は大阪に戻り、阪大歯学部付属病院の勤務医のかたわら ライブ活動を続けていた。その後唐口一之(tp)とグループを結成し、関西を中心に自己のピアノトリオでもライブ活動を続けていた。

現在は開業歯科医師(大阪市東淀川区 ほづみ歯科医院)としての仕事と共に、自己のピアノトリオ「50トリオ」の他、 テナーカルテット「50バンド」等で、大阪、神戸、名古屋のライブハウスを中心に音楽活動を行っている。 演奏するのはジャズだが聴くのはクラッシックからJ-POPまで幅広い。映画、読書、ゴルフ、スポーツクラブ、お酒が大好きで、 カラオケ、カボチャの煮物が苦手。

幼少時からの詳しい音楽生活他、面白いエピソードは、随時連載の予定 お楽しみに!!


Copyright Junsuke Hozumi All Right Reserved.